武田邦彦

2011年12月13日

★偽善エコロジー


 
 タイトルと中身をちょいと見て食わず嫌いをしていました。というのは、章ごとのサブタイトルが自分にとってカツンと来る事がいっぱいだったから。

 しかし、今年になって、原発絡みでこの方のお名前を見る機会が増え、ちょっと1冊と読んでみた本が、存外過激ではなく、すんなりと頭に入ってきたものですから、食わず嫌いのこの本も手に取ってみました。

 スーパーのレジ袋は石油のかすになってしまう部分を使っているのだから、それを使ってゴミを捨てるなどの再利用をしないで、エコバッグを持参せよの掛け声に合わせているのは、むしろエコバックの売り上げを狙う小売業の思うつぼで、エコバッグの材料が同じく石油であってもかすではない部分から出来るポリエステルである事を思うと、むしろ反エコ。

 資源リサイクルのために市民は、特に家電において安からぬお金を払っているが、大規模小売業者が不正に輸出したり、税金でまかなわれているからと資源回収のペットボトルを安く転売したりして業者はもうけている。

 割り箸は国内産の木材の間伐材を使っていて、むしろ森林に手を入れるための機会になっていたのを環境に悪いなどと叫んでいる間に、結局よその国の木材を加工して作る(それも間伐材じゃない部位)羽目になっている。続きを読む

kaikoizumi2005 at 18:30|PermalinkComments(0)
記事検索
オンライン書店なら・・・
Amazonもあるでよ。
紀伊國屋書店オンライン店
ずっと愛用しています。
Archives
最新コメント
甲斐小泉が編集協力しました!
QRコード
QRコード
楽天市場