外山滋比古

2012年07月03日

□傷のあるリンゴ

 本が好き!の献本です。

 若い頃、文化人としてよくお名前を耳目にした外山滋比古さん。1923年のお生まれですから、アラナイ(90歳内外)でいらっしゃいますが、それなのに切れ味の良いエッセイをお書きになる・・・というよりは、それだからこそお書きになるのだろうかと思います。

 冒頭からいきなり「ヒマなほど忙しい」という意表をつくタイトルでエッセイ集は始まります。一般的に言われている常識と相対する考え方を述べておられ、他のタイトルも面白いものが多いです。「ひとりでは多すぎる」、「始めよければあとがこわい」、「親があっても子は育つ」「不幸は幸運のもと」などなど。

 この本のタイトル「傷のあるリンゴ」という章も最初は、青森の朝市でなかなか売れない傷のあるリンゴを著者が売り手のおばあさんに同情したのと、どこかから傷のあるリンゴがうまいと聞いていたので買ったというエピソードから始まりますが、結びの言葉が「われわれは不幸、失敗の足りないことをこそおそれるべきである。傷ついてうまくなったリンゴの教訓は貴重である」とあり、幸福、幸運を過剰に求め、不幸を忌避する傾向に一発お見舞いしています。


 続きを読む

kaikoizumi2005 at 16:29|PermalinkComments(0)
記事検索
オンライン書店なら・・・
Amazonもあるでよ。
紀伊國屋書店オンライン店
ずっと愛用しています。
Archives
最新コメント
甲斐小泉が編集協力しました!
QRコード
QRコード
楽天市場