すーちゃん

2013年07月12日

□ちょっとそこまでひとり旅 だれかと旅

本が好き!の献本です。

実写化されたマンガ「すーちゃん」の作者による旅行記。

実はすーちゃんを知るより先に著者の、同じく旅エッセイの「47都道府県 女ひとりで行ってみよう」を読み、そのゆるさ具合がいいなぁと思っていました。頑張って、あれもこれも網羅しました、ではなくて、場所によっては、あれれ〜と言う程あっさり。ガイドブックとは目のつけどころが違い、ぶっちゃけ、観光にはほとんど役に立ちそうも無いのが良いのです(笑)。

次いで、「すーちゃん」を読んで、平凡な毎日の小さな出来事による喜怒哀楽の描き方が、うねりの大きな劇画調ではなく、手に汗握ったり、肩に力を入れずに読めるマンガな姿勢も気に入りました(劇画が嫌いなのではなく、こちらにキャパシティが無い時には疲れるの意味です)。

高度経済成長期もあくせくした競争が繰り広げられていましたが、競争の先には希望があると思えた。でも、最近世の中、平凡で突出したものが無い庶民があくせくしても、結局誰かに踊らされているだけ感が満ち満ちています。影響力があると言われている人たちの多くが口にするのが、どんなに砂糖衣をかけていても、本質は弱肉強食、と言う風潮の中、あくせくガツガツせざるを得ない庶民は、せめて紙の上だけでも、ゆるくて、普通、とか一般などなどと呼ばれる枷を取り外したい。

そんな心境には、少し著者の分身が入っているらしいすーちゃんや、他愛ない事に感動・感心し、教科書的な事柄はスルーしてしまう傾向の強い「あんまり役に立たない観光本」だけど「気負わず、偶然の出会いを楽しむ旅をする楽しさが伝わる本」である本書はしっくり来ます。続きを読む

kaikoizumi2005 at 22:30|PermalinkComments(0)

2009年04月02日

★結婚しなくていいですか。



 この本もすごい人気で予約を入れてから11ヶ月目にしてやっと到着でした。

 前作「すーちゃん」で揺れる心を抱えながら、勤め先のカフェの店長になったすーちゃんのその後。すーちゃんの親友まいちゃんはお見合い→結婚→妊娠という事で、今の私とは違う私になってしまう前に会いたい、とすーちゃんと会うけれど、ごめんね、まいちゃんと心の中でつぶやきながら、すーちゃんは前と違ってまいちゃんに合わせて会話している自分に気付くのです。

 一方で、さわ子さんというすーちゃんのバイト時代の先輩も登場。彼女は40歳。家を出た兄夫婦は遊びに来ても寝たきりの、どう見ても要介護度の数値が高そうなおばあちゃんの顔は一度も見ないお気楽で、母親とさわ子さんにお任せ。

 お母さんは介護に携わっている娘には応分のものを残してやりたいという心遣いをしてくれている人で、そこは救い。で、ずっと男性ご無沙汰だったさわ子さんに久しぶりの彼氏が出来たのですが・・・その彼氏はアラフォーのさわ子さんに対し「妊娠可能証明」を持ってきてくれたら親が結婚を承知するというような人で、さわ子さんが「で、あなたの証明は?」と言った途端に「?」となったくだりで、さわ子さんは彼との関係を絶つことを決心したようです。続きを読む

kaikoizumi2005 at 15:00|PermalinkComments(0)

2009年03月10日

★すーちゃん

すーちゃん  /益田ミリ/著 [本]
すーちゃん /益田ミリ/著 [本]
Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)



 図書館に予約を入れてから、長々と待っていた本であります。

 元々、著者が全都道府県を制覇したエッセイを先に読んでおりました。海鮮好きじゃないのに海鮮王国に行ったり、一回に一県しか回らないで「ああ、もったいない」状態もありましたが、なかなか面白いエッセイでした。(と友人も言っていた)

 この作品はそれより先に出たもの。私の世代で言うと、完全にお局様と言われていた年齢のOLの日々を描いたもので、カフェにお勤めのすーちゃんと親友で美人のまいちゃんがメインの登場人物。
 
 すーちゃんはお店のイケメン社員にほのかな片思い以外、とりあえず何にもない。まいちゃんは不倫してるけれど、変だと途中で気付く。続きを読む

kaikoizumi2005 at 22:00|PermalinkComments(0)
記事検索
オンライン書店なら・・・
Amazonもあるでよ。
紀伊國屋書店オンライン店
ずっと愛用しています。
Archives
最新コメント
甲斐小泉が編集協力しました!
QRコード
QRコード
楽天市場