しゃばけシリーズ

2010年03月04日

★ころころろ



 市立図書館で数百人待ちの畠中恵さんのしゃばけシリーズ最新刊(だと思うんですけど、次の出てます?)。ラッキーな事に地区センターの棚にありました。地区センターや市民図書は穴場であります。

 一太郎若だんなの目がある日突然いきなり見えなくなってしまった。それに関してはどうやら河童と神様がかかわっているらしいという事で、兄やたちが先立ちになって、妖たちと一緒に事件の解決をはかるというストーリーであります。

 陽気な妖たちと、しょぼい神様など、登場人物というかあやかしたちの活躍が相変わらず楽しいですが、今回はフツーの人間、例えば、一太郎の親友で菓子屋の跡取りなのに餡子作りが滅茶苦茶下手な栄吉や、松吉兄さんなど、妖を見る事が出来ない、兄やたちにも怪しさを感じていないおなじみの人たちは登場しません。

読書blogランキングへ



kaikoizumi2005 at 22:04|PermalinkComments(0)

2008年06月07日

★しゃばけ読本



 この本を芸能関係ジャンルにも入れてしまったのはフジテレビでドラマ化された時に主役を演じたジャニーズ系 NEWSの手越君と著者の対談なんぞがかなりのページを割いていたからでありますよ。

 最近でこそweb上の画像を解禁しつつあるというものの、従来、主役を張りながら、一切キャスト紹介に実写の顔を出させなかったジャニーズ事務所ですから(そうだよ、大河ドラマのサイトを見てて、主役の義経の写真なんて表紙1枚しかなくて、すごいヘンだったぞ〜)、新潮社のしゃばけのコーナーでもこの部分は載っていないことでありましょう。

 多くは新潮社のしゃばけコーナーにも載っているかと思うのですが、私、正直に言うと、個人のブログやサイト、あるいは、ネット専用のサイトを見る分には良いのですが、web上で書籍関係を読むのは超苦手です。んなもので、しゃばけブログも存在を知った時には既に色々な情報が集積していて、それを取り出して読むのが困難になっておりまして、こうやって本にまとめてもらって紙で読めるのは助かります。続きを読む

kaikoizumi2005 at 21:42|PermalinkComments(0)

2008年04月10日

★うそうそ



またまた借りてしまいました、しゃばけシリーズ。地区センターの図書コーナーの本棚で発見。ラッキー!

今回はいつも自宅の近くしか動けない、せいぜい遠くて上野のお山、と言った案配の若だんなが箱根の温泉で湯治をする事となり大張り切り。お供にしっかり者の兄で手代の松之助やおなじみの妖の兄や達、勝ち抜き戦で袖の中に入った鳴家達を従えて、楽しい旅になるはずが…

勿論、そうはなりませんで、最初から兄や達の姿が見えなくなるは、一度も温泉に入らないうちに攫われるは、天狗に襲われるは、地震に見舞われるは、可愛い童女に団栗を投げつけられるは…

期待通りのてんやわんやの大騒動が巻き起こります。

今回、インパクト大賞と言うべき登場人物は雲助の新龍と童女の比女ちゃんでしょうか。

彼らが何者か、どうして湯治の筈が攫われてしまったのか、などなどはネタバレになるのでやめときます。

知りたい人は読んでくださいね。('-^*)/


読書blogランキングへ


kaikoizumi2005 at 17:40|PermalinkComments(0)
記事検索
オンライン書店なら・・・
Amazonもあるでよ。
紀伊國屋書店オンライン店
ずっと愛用しています。
Archives
最新コメント
甲斐小泉が編集協力しました!
QRコード
QRコード
楽天市場