2013年07月12日

□ちょっとそこまでひとり旅 だれかと旅

本が好き!の献本です。

実写化されたマンガ「すーちゃん」の作者による旅行記。

実はすーちゃんを知るより先に著者の、同じく旅エッセイの「47都道府県 女ひとりで行ってみよう」を読み、そのゆるさ具合がいいなぁと思っていました。頑張って、あれもこれも網羅しました、ではなくて、場所によっては、あれれ〜と言う程あっさり。ガイドブックとは目のつけどころが違い、ぶっちゃけ、観光にはほとんど役に立ちそうも無いのが良いのです(笑)。

次いで、「すーちゃん」を読んで、平凡な毎日の小さな出来事による喜怒哀楽の描き方が、うねりの大きな劇画調ではなく、手に汗握ったり、肩に力を入れずに読めるマンガな姿勢も気に入りました(劇画が嫌いなのではなく、こちらにキャパシティが無い時には疲れるの意味です)。

高度経済成長期もあくせくした競争が繰り広げられていましたが、競争の先には希望があると思えた。でも、最近世の中、平凡で突出したものが無い庶民があくせくしても、結局誰かに踊らされているだけ感が満ち満ちています。影響力があると言われている人たちの多くが口にするのが、どんなに砂糖衣をかけていても、本質は弱肉強食、と言う風潮の中、あくせくガツガツせざるを得ない庶民は、せめて紙の上だけでも、ゆるくて、普通、とか一般などなどと呼ばれる枷を取り外したい。

そんな心境には、少し著者の分身が入っているらしいすーちゃんや、他愛ない事に感動・感心し、教科書的な事柄はスルーしてしまう傾向の強い「あんまり役に立たない観光本」だけど「気負わず、偶然の出会いを楽しむ旅をする楽しさが伝わる本」である本書はしっくり来ます。

例えば、冒頭のお母様と尋ねる金沢。王道の兼六園や東西茶屋街なぞはサラサラと流し、最近人気の金沢21世紀美術館はスルー。忍者寺や武家屋敷ではひたすらミーハーに楽しみ、母子のやり取りの中に、小難しいうんちくやら、審美的何ちゃらなどの披瀝で読み手を圧倒してやろうと言う野心(?)が毛ぶりも覗かない緩さが、なかなか心地よいです。

大阪出身で東京在住の著者の旅先は大阪ベースと、東京ベースの、比較的気軽に行ける場所が多いものの、東北地方から鹿児島県に及び、さらに北欧にも飛びます。

北欧旅行にしても、のんびり軽々と出掛けている感じで、わざわざ遠方に出向いたんだから、と日本人の多く(もちろん、私も含まれます)がやりがちな欲張りガツガツスケジュールを組まず、ゆるゆるした雰囲気で、結果として「かもめ食堂」ロケ地めぐりになってしまったり、予想に反し完璧に子ども向けのムーミンワールドに、二度と来ないだろうとかえってしつこく見てしまったり、用意周到ではない分、美しすぎて言葉の出ない夕焼けに遭遇したり………

結局、日数が足らなかった感から、今度は仕事帰りにひとり旅でヘルシンキ再訪してしまう著者でした。

あくまでも、著者の感性に合うスポット、或いはちょっと外したぞスポットばかりで、王道ガイドブックの優等生的、金太郎飴的記述と違って、万人向けでは無いのですが、著者のファンにはそこが嬉しいのです。

「すーちゃん」にはコテコテの大阪弁は出てこないし、描かれているすーちゃんの勤務先のカフェも、まいちゃんの会社も、東京っぽいサラリと乾いた感じの職場環境なので、迂闊にも著者が大阪出身と言うのを見落としていましたが(と言う言い方からして、いかに大阪出身者に対してステレオタイプな見方をしているかバレバレですねf^_^;)、ズルズルと気分とネタを引きずらず、気張らず、軽やかに動き回る感性は、やっぱり大阪人だなぁと思わされました。


最後になりますが、「すーちゃん」では、ほのかな恋心が報われず、このまま年を取ったらどうなるの?と時々不安げなつぶやきが見られましたが、実際の著者は「うちの彼」なる人がいて、一緒に旅行したり、楽しんでいるようで、老婆心ながらホッとしました(笑)。


読書blogランキングへ


kaikoizumi2005 at 22:30│Comments(0) 携帯からの投稿 | 随筆

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
オンライン書店なら・・・
Amazonもあるでよ。
紀伊國屋書店オンライン店
ずっと愛用しています。
Archives
最新コメント
甲斐小泉が編集協力しました!
QRコード
QRコード
楽天市場