柏井壽

2019年09月09日

2019年、夏の八ヶ岳の図書館通い

 こちらのブログ、更新を怠る事甚だしく、今やたま〜にまとめで失礼しています。

 8月のお盆連休から秋口まで滞在していて、図書館は大いに利用させていただいています。

 老眼&鶏脳向けな本を沢山借りて楽しんでいます。

 うっかりすると、また同じ本を借りてくるというのも、この10年くらいに増大しつつある傾向で、今回もまたやっちまいました(自分の好みの傾向の本って、つい手に取ってしまうのですね)。

 借りて、いちおうは読了と言っていいかなというレベルの本、自分メモとして書き出しておきます。続きを読む

kaikoizumi2005 at 10:08|PermalinkComments(0)

2009年11月12日

★おひとり京都の愉しみ

おひとり京都の愉しみ
おひとり京都の愉しみ
livedoorブックス



 著者の本は何冊か読んでいますが、お金持ちで時間の自由の利く、憎たらしい(失礼!)歯医者さんというイメージを抱いてしまうような気障な記述が結構多いと思えました。が、今回は一番、親しみの持てる内容に思われます。それは、私の京都度がアップしたからなのかなぁ(お金持ち度がアップしたとは断じて思えないし(笑))

 おひとり京都を既に何回か経験している身(と言っても、純然たるお一人はなくて、行った先で親戚や友人に会ったり、お泊りさせてもらったりなんですが)として、著者の述べる一人旅の利点、例えば喋りながら見るのではないから、見落としがちな思いがけないものに目が留まる等については、納得。

 一人旅をしていて1番困るし、1番節約できてしまうのが食事と思っていますので、さすがの著者も、お一人様向けだと、そうメッチャもの入りなお店や紹介がないと入れないような店はアップせず、割とリーズナブルな店や著者お得意のB級グルメも沢山乗っているので、それが親近感の理由として大きいかも知れません。

 ホテルについても役立ち情報が載っていますね(、眺望、設備、サービスの面で選んでおられますので、私の定宿は不合格ですわ)。確かに! 数が足らない京都市内の宿を探しまくるのなら、時として大阪や滋賀などに泊まるのも有りとありまして、大津あたりだと空きは少ないですが、もう少しはなれたところなら何とかなりそうです。そういえば、今頃の首都圏発、京都界わいの紅葉狩りツアーを見ると、殆ど大阪泊ばかりですね〜。

 実は読んだ翌日、某所の丸善書店の旅行コーナーで、若い男性が携帯電話を片手に「あの、男性作家が出したとか言う京都の本」と、どうやらこの本を探しているようだったので、ついつい言ってしまいました。「ここにはない。おひとりさま京都の本は新書コーナー。宝島新書!」と・・・・う〜む、私はもしかしてトンチンカンな事を言って、あのお兄ちゃんに迷惑をかけたのではないかと心配したのですが・・・しばらくして、男性が戻ってきました。「お客様、先ほどはありがとうございました」「私、でたらめ言ってませんでしたか?」「新書にございました。光文社新書でございました」あちゃ〜!新書は新書でも出版社違い(^^ゞという体験をしました(笑)。 お兄ちゃん、書店員さんだったんですね。(^_^) トンチンカンなアドバイスで、ほっとしたかも知れませんね〜。

 この本は買うか(最近、ついつい京都関係の本だと買ってしまう)、メモを取りまくっておかなくちゃ!

読書blogランキングへ


kaikoizumi2005 at 03:00|PermalinkComments(1)

2009年06月28日

★極みの京都



 ひえ〜、かなり辛口な事を書いたので、天罰が下ったのか、折角書いたものが全部消えちゃいました。(その点、ライブドアブログの新管理画面はうっかり消したもののバックアップデータを取ってくれるんですが、旧管理画面で書き込んでいたもので・・・(T_T))

 この著者の「京料理の迷宮」を読んだことがあり、その時に「何だかなぁ〜」と思ったのです。要は私の経済力ではとても手が届かない店ばかりが並んでいることに加え、一般人の観光客を見下している感が漂っているように思ったからです(そういう人がいて、京都の繁栄があるんだからね、ぷんすか!)。

 加えて、著者の本業(?)が歯科医。子どもの頃から親の財力で祗園にどっぷりというご自慢がもぐりこんでいたりするのですから、親の財力で歯科医になったセンセ。という典型的なパターンが頭に去来します。

 今回は加えて、ちょっと庶民的なところを出してワインはがぶ飲みと書いてありますので、私の中でこの先生のイメージは、「空中ブランコ」の伊良部に決定しました。

 きっと、自分はカッコイイと思ってるけど、はたから見ると違うタイプ!? こんだけ飲食に情熱を入れると、本業の方が心配になるのですが、それ以上に「メタボ大丈夫?」「医者の不養生」と心配になりました。体型も勿論、伊良部!?続きを読む

kaikoizumi2005 at 14:00|PermalinkComments(0)
記事検索
オンライン書店なら・・・
Amazonもあるでよ。
紀伊國屋書店オンライン店
ずっと愛用しています。
Archives
最新コメント
甲斐小泉が編集協力しました!
QRコード
QRコード
楽天市場