吉田修一

2019年03月14日

国宝

国宝 (上) 青春篇
吉田修一
朝日新聞出版
2018-09-07



国宝 (下) 花道篇
吉田修一
朝日新聞出版
2018-09-07

続きを読む

kaikoizumi2005 at 21:27|PermalinkComments(0)

2011年02月06日

★横道世之介



 昨年話題となった「悪人」の作者による、全く異なる雰囲気の作品。

 著者は芥川賞作家だそうですが、直木賞系のエンターテイメント性のある作品です。

 「世之介とであった人生と出会わなかった人生で何が変わるだろうか、とふと思う」で始まる帯の文章以外、全く予備知識なしに読み始めましたが、恐らくは先ごろ10回目の命日を迎えた新大久保駅乗客転落事故を下書きにしている小説と思われます。続きを読む

kaikoizumi2005 at 09:30|PermalinkComments(0)

2010年09月20日

★悪人




kaikoizumi2005 at 23:00|PermalinkComments(0)

2008年04月27日

★ひなた



 都内静かな住宅地の、いわゆる中流家庭と、ヤンキーな千葉の(どうして、ここで千葉がとなるのかと千葉県民には異論がありそうな設定ですが)家庭と、ちょっとピントのずれたお母さまのいる家庭と・・・それぞれの出身者が絡んでいる、家族の物語でありまして、一番フツーそうな中流家庭に「家庭のひみつ」があったりしますし、愛し合って結婚しているはずの二人の間に「?」な瞬間があったりして、先に読んだ阪急電車と比べると、ザラつくものはありますが・・・スパッときれいに割り切れないのが人生と言いますから、こういうのもありかと思います(って、実際に、これに近い色々を見聞きしてますしね)。

 ただ、やっぱり「ありかも」と突き放して読んでしまうのは、今の状況が「想定内」で、平凡な幸せな生活を営んでいるからかも知れませぬ。

読書blogランキングへ


kaikoizumi2005 at 20:00|PermalinkComments(0)
記事検索
オンライン書店なら・・・
Amazonもあるでよ。
紀伊國屋書店オンライン店
ずっと愛用しています。
Archives
最新コメント
甲斐小泉が編集協力しました!
QRコード
QRコード
楽天市場