フィギュアスケート

2018年01月04日

★うつヌケ




  あけましておめでとうございます。

  すっかり空きブログになってしまった昨年後半でした。今年も相変わらず細々とですが、たま〜には更新をと思っております。

  昨年は、久しぶりに年間読書量が100冊を越えたのですが、暮れの読書の中で印象的だったのが、こちらのコミックエッセイ。続きを読む

kaikoizumi2005 at 11:58|PermalinkComments(0)

2014年06月06日

□日本人はなぜ美しいのか

禅宗寺院の僧侶にして、禅の庭のデザイナーでもある著者は、これまで禅的な生活や考え方のたくさんの著者が有りますが、この本は、日本人の特長である禅的美意識を説いています。

美しい日本をうたいながら、いつか来た道に行きそうな言動ばかりの方もいますので、この本もそういう方にかかれば、日本人の優秀さと、それに引き換え・・・と持って行かれそうですが、著者は他のタイプの美意識を下に見ている訳ではなく、長年培ってきた日本人ならではの美意識を上手に活用しなさいと説いているのだと思います。

既に日本の美は、世界的リーダーには認められているとスティーブ・ジョブスらの例を引いて、述べています。
続きを読む

kaikoizumi2005 at 12:10|PermalinkComments(0)

2013年07月01日

★銀色の絆



 フィギュアスケートが好きです。ですが、この物語の主人公の小織の母親、梨津子の登場したての姿のように、何がなんだか分からないで美しいから見ています。

 冒頭、小織・梨津子親子はたまプラーザに暮らしています。私がかつて住んでいた頃はごく庶民的な町でしたが、今は街となり、140平米を越える億ション住まいの梨津子は富裕層の人。新横浜スケートセンターへBMWで娘を送迎し、居合わせるほかのスケーターの似たような境遇の母親たちとささやかな張り合いをして過ごしています。

 それが夫の不倫により離婚。実家のある名古屋に転居。名古屋といえば、フィギュア王国と呼ばれていて、小織も世界レベルのコーチの下でレッスンを開始します。

 ここで語られるレッスン風景は、取材を重ねてのこと。技術的なことはもとより、特にコーチを取り巻く人間関係や謝礼のことなど、やはり富裕層か才能に恵まれていてスポンサーがつかないと、とてもやっていけない世界だと分かります。月のかかりが30万円を越えるなんて・・・・ふっへ〜、我が家の1ヶ月の生活費は30万ありゃ十分じゃん!と驚きます。

 コーチに対するお弁当つくりやコーヒー当番や、コーチの弟子たちに対する対応などなど、もちろん、現実そのままではなく作家が相当加工しているものとは思われますが、似たような状態はあるということなのでしょう。続きを読む

kaikoizumi2005 at 22:42|PermalinkComments(0)
記事検索
オンライン書店なら・・・
Amazonもあるでよ。
紀伊國屋書店オンライン店
ずっと愛用しています。
Archives
最新コメント
甲斐小泉が編集協力しました!
QRコード
QRコード
楽天市場