絵本・児童書・ヤングアダルト

2011年08月03日

△トンボソのおひめさま

市民図書の廃棄本、自由にお持ちくださいの箱から頂戴した本は、子どもの頃から図書室や、岩波の子どもの本の紹介文で目にして、読んでみたかったのに、なぜかご縁が無かった本でした。

翻訳ものの児童文学の導入に於いて、多大な貢献をされた石井桃子さんのゆったりした訳文が素敵です。

カナダに移住したフランス系の人びとの間に語り継がれてきた物語だそうで、八編納められていた原作から、ページの都合で五編を選ばざるを得なかったのが残念と巻末に書いておられますが、本書が発行された1963年頃には、まだまだ児童書は抄訳だったり、オリジナルから残虐性を抜くべくストーリーの細部を改変していた時代ですから、本編の数を減らそうとも、原作に忠実な岩波の本は、当時の児童書の中では抜きんでいたと思います。

英連邦に属し、硬貨にエリザベス二世の肖像を刻んでいるとは言え、実態は王様のいない国であるカナダで(それを言ったら、徹頭徹尾民主国家をうたうアメリカの、ディズニーアニメは近年まで殆どお姫様モノですが)、移民たちが好んで語り伝えたのは、いずれも王国のお話ばかり。

主人公は王子だったり、庶民でも、知恵と勇気のおかげでお姫様の愛を勝ち得たりしています。

その中で、舞台は王国ながら、異色作はタイトルのトンボソのおひめさまでしょう。

ここでは、美しいけれど、性格が良いとは言えない、あるいはずる賢いお姫様が、自分の美貌にのぼせた他国の王子を一度ならず三度も騙し、とうとう、学習したおマヌケ王子の逆襲を受けます。さんざん騙された後のおマヌケ王子は賢くなったと言うより、お姫様並みにずる賢く、なおかつ冷淡です。傲慢は報いを受けると言う教訓を含んでいるのでしょうし、パッと見の描写は残酷さを含んでいませんが、実はかなり残酷なオチです。

他の話が紆余曲折を経て、ハッピーエンドになるのと違い、主人公の王子にはハッピーエンドでも、トンボソのおひめさまにはビターな話。

こういうのも民話の面白みでしょう。

オリジナルを使用しているらしいイラストもなかなか魅力的で、子どもの頃に母におとぎ話を読んでもらい、ワクワクしたのを久しぶりに思い出しました。


kaikoizumi2005 at 20:55|PermalinkComments(0)

2011年03月20日

□あつまれ! 全日本ごとうちグルメさん



 本が好き!の献本です。


帯においしくおぼえる47都道府県と書いてある絵本です。

タイトルのひらがなの多さやふりがなから、小学生、早ければ幼稚園児位から読める絵本ですが、この本を面白がるのはむしろ大人かも?

富士山を背景にした急峻な石段を上り詰めた、位置的には神社だけど、パッと見、千と千尋の神隠しの湯屋を思い出させる建物はおいしいものが大好きな神さま、まんぷくさまの宴会場らしいのです。

そこに全国都道府県から集まったグルメさんたちが大集合!続きを読む

kaikoizumi2005 at 20:26|PermalinkComments(0)

2010年04月13日

□ようこそキミワルーイ屋敷へ


ようこそキミワルーイ屋敷へ
  • アンジー・セイジ
  • 東京創元社
  • 1680円
Amazonで購入
書評

キミワルーイ屋敷と呼ばれる怪しい家で元気に暮らす少女アラミンタ・キミワルーイが主人公。

働き者だけど口うるさいタビーおばさん、昼間は花柄のコウモリみたいに寝袋に入って寝てばかりでコウモリ大好きなドラクおじさんと暮らすアラミンタ。設定はハリー・ポッターと似ているけれど、意地悪ないとこはいないし、おばさんは口うるさいけど意地悪ではないし、おじさんはその名前と嗜好が連想させてくれるけれど、かなり怪しげな人物。

この物語のメイン事件はボイラーの調子の悪さに頭に来たおばさんが独断で家を売り出してしまった事。

アラミンタは大反対。先ずは売り出しの看板に字を付け足して買い手の気を削ごうと言う作戦に出ます。

おばさんとの攻防に、それまではマヌケな古いバケツと思っていた鎧のサー・ホラスや会いたくて仕方なかった幽霊の少年も加わり、絶対に買い手がイヤになりそうな作戦を敢行、大成功したものの………と言うドンドン話の系譜を辿る児童向けの作品。

アラミンタの元気さと奇妙キテレツな登場人物の面白さで、小さな子どもたちはワクワクしそうです。怪しげでも、残虐性は無く、ユーモラスな筋立てなので、大人も安心して子どもたちに与えられる物語でしょう。

アラミンタに良い友だちが出来た様子の本編は序章で、これからアラミンタがなぜおじさんおばさんと変な屋敷に暮らしているのか等の秘密が徐々に明かされて行くものと期待されます。

読書blogランキングへ


kaikoizumi2005 at 17:07|PermalinkComments(0)

2009年12月03日

★半日で読む源氏物語



 元暴走族特攻隊長あがりのカリスマ予備校講師の・・・と言うと、マクダラのマリアか、スーザン・ボイルのような効果がありますね〜(その意味するところは・・・・お好きにどうぞ)。

 本人写真を見ると、確かに、元ヤンという感じですが(笑)、その彼が説く源氏物語だから、おかたく上品な解釈ではなく、今風、ある点、下世話だったりしますが、だからこそ、スイスイ読める訳でして・・・勿論、豊富なイラストなども、理解を助けてくれています。

 なるほど〜と思いつつ、こんなにわかりやすく書いてくれていても、まだこんがらがる程、平安時代の結婚、男女関係はわかりづらいです。異母きょうだい、異父きょうだい、それに地位・身分も関わり、加えて、方たがえだの何だののおまじない的儀式も入りますから・・・

 でも、これはあくまでも貴族の世界の話。識字率が江戸時代や現代ほど高くはなかったと思われるので、源氏物語を好んだのはある程度教養を積んだ層。となると、この頃の庶民はどんな風なお話を聞き、どんな事を思って過ごしたんでしょうね〜・・・と言っていないで、その先を勉強して欲しいと思って、吉野先生はこの本を書いたのではないでしょうか。

 わかりづらい事をわかりやすく書くのが1番おりこうだと言いますから、吉野先生、やっぱりタダモノではない!

読書blogランキングへ


kaikoizumi2005 at 17:00|PermalinkComments(0)

2009年08月24日

□ぶたばあちゃん


ぶたばあちゃん
  • マーガレット・ワイルド文/ロン・ブルックス絵/今村 葦子訳
  • あすなろ書房
  • 1575円
Amazonで購入
書評/児童


 本が好き!の献本です。

 1995年の初版から17刷も出ているロングセラーの絵本。やわらかな色調の水彩画の中に、祖母と孫娘のぶたの家族が描かれています。

 どうして祖母と孫娘だけしかいないのだろうかと言う違和感は私にはありませんでした。

 というのは、はるか昔、高校生の頃、私も祖母と二人で田舎の家に暮らし、ぶたばあちゃんと孫むすめのように、一緒に畑作業をしたり、風呂を沸かしたり、家具を動かしたり、色々な事をしていたからです。

 ただし、大きな違いは、その頃の私は祖母の事を全く好きではなく、二人暮らしは家庭の事情のためであり、実に不承不承でしたし、祖母は祖母で、もうじき地上から去る旅に出なくてはならないと分かっているぶたばあちゃんとは大違いで、元気いっぱいでした。続きを読む

kaikoizumi2005 at 16:03|PermalinkComments(0)
記事検索
オンライン書店なら・・・
Amazonもあるでよ。
紀伊國屋書店オンライン店
ずっと愛用しています。
Archives
最新コメント
甲斐小泉が編集協力しました!
QRコード
QRコード
楽天市場