2016年10月15日

【自腹】青春18きっぷで楽しむおとなの鉄道旅行

 以前から興味があったこの本、八ヶ岳のリゾナーレ小淵沢のブック&カフェに遅い時間に入店し、笑顔のお姉さんの感じのよい健気さに、しぶちんが珍しくポイントも併用しないで、自腹を切って買ってしまいました。




 学生時代の友人が、時々青春18きっぷを使って頑張り旅行をするという話、私以上に旅行好きの自称放浪おやじな兄からも青春18きっぷの話を聞いておりまして、自分もいっちょやるか!?

 何しろ安くつく! コースには通常の鉄道料金を使った場合との差額が載っています。 安い!が大好きな私向けではありませんか。続きを読む

kaikoizumi2005 at 22:32|PermalinkComments(0) 実用書 

2016年08月27日

八ヶ岳での読書 3

  すっきり晴れた日というのは、お盆からあとの八ヶ岳ではなかったっけ、と思い起こす毎日です。洗濯物がからりと乾く日はこちらに来てから、片手で十分足ります。午後からいきなり雷雨という日もあるので、洗濯すると、家に足止めになります。そういうときは読書に限りますね。


続きを読む

kaikoizumi2005 at 22:49|PermalinkComments(0) 評論・社会事象評価 | 自叙伝・人物評伝等

2016年08月23日

八ヶ岳での読書2

 悪天候と食糧備蓄ありと、売るほどある時間のおかげで、オリンピック番組を時々見つつ、この数年忘れていたペースで読書をしています。

 台風襲来の間に読んだのはこちら。


続きを読む

kaikoizumi2005 at 12:32|PermalinkComments(0) 科学や理科系の話 | 歴史・地域情報

2016年08月19日

八ヶ岳での読書

 市立図書館2館目にも行ったので、また新たに本を借りました。

 昨日から今日にかけて読んだのはこちら。


続きを読む

kaikoizumi2005 at 22:58|PermalinkComments(0) 読書つれづれ | 評論・社会事象評価

八ヶ岳で図書館通い

  八ヶ岳では定住していなくても、若干納税している山小屋所有者は図書カードを発行してもらえます。公設温泉が一般観光客と同じ価格になってしまって、ブリブリな今ですが、これはありがたい。

 時間だけはたっぷりあるので、久々に本を借りて来ました。

 一昨日から昨日にかけて読んだのはこちら。続きを読む

kaikoizumi2005 at 00:43|PermalinkComments(0) 読書つれづれ 

2016年03月27日

★服を買うなら、捨てなさい

服を買うなら、捨てなさい
地曳 いく子
宝島社
2015-02-23



 じっつに久しぶりの読書ブログ記入です。

 人から聞いてはいましたが、年々再再、読書量が減るものですね。そして、感想文を書くのはなおさら面倒になるという・・・・(^^ゞ

  さて、この本は昨夏あたりに図書館に予約を入れておいて、やっと昨日、予約の本が入りましたとメールが届き、家人に取って来て貰ったものです。
  
  さらりと読めました。続きを読む

kaikoizumi2005 at 15:59|PermalinkComments(0) 実用書 | 人生訓・生き方のヒント等

2015年11月09日

2015年 読んだ本リスト(11月頭まで)

 昨今、老眼のみならず、録り溜めた録画を見て整理することに追われ、読書量が減っています。

 それ以上に、辛くもひと様に読んでいただけるレベルに、読んだ本の内容をまとめて書くというのが極度に面倒になって来ているのが大きいです。

 私はなんでも人参がないと動かない現金なタイプでして、本が好き!もメンバーが増えて、献本当選率が激減したら、意欲が落ちました(笑)。 

  感想をと思うと、ますます書けなくなるので、感想抜きで、今年になって今までに読んだ本を羅列しておきます。

  ポイント消化等で購入した電子書籍は赤字にしておきます。続きを読む

kaikoizumi2005 at 18:15|PermalinkComments(0) 読書つれづれ 

2015年10月31日

□髪は増える!

髪は増える!
山田 佳弘
自由国民社
2015-08-06



  タイトルだけ見ると、もしかしたらトンデモ本かも?と思われますが、既にお読みになっておられる方の書評を拝見すると、そうではなさそう、という事で、最近、結構、髪の毛が心配になって来ている身としてはぜひ読みたいと思い、久しぶりの本が好き!の献本に手をあげました(先着順だったのも良かった(^-^))。

 トンデモ本、トンデモ説、色々ありますが、私の場合、はっきりとした基準があります。まず、あからさまな自分の商売への誘導をしていたら、それはもうトンデモ認定です。増してやお金がかかる商品への誘導をしていたら、さっさと見切ります。次に強迫的文面で持論に従って行動しないと、後で後悔するぞ的な言い回しがあったら、これもまたトンデモ本。

 そういう観点で見ると、この本はタイトルから想像してしまったようなトンデモ本の範疇には入りません。続きを読む

kaikoizumi2005 at 23:59|PermalinkComments(0) 実用書 | 教育・健康・福祉等
記事検索
オンライン書店なら・・・
Amazonもあるでよ。
紀伊國屋書店オンライン店
ずっと愛用しています。
Archives
最新コメント
甲斐小泉が編集協力しました!
QRコード
QRコード
楽天市場