2013年09月15日

□ポラロイド伝説

携帯の打ち込みで、ぽらと入れたら、ポラロイドと出て来る程の著名な製品、今は寡聞なインスタントカメラのパイオニア、ポラロイド社の伝記です。

私の生後直ぐの記念写真はモノクロでした。カラー写真は小学生時代はまだまだ贅沢品に近く、色も不安定、アルバムに貼ってしばらくすると退色しました。

ところが、母の幼少の頃は、写真館でポーズをとったまま、じーっと待たなくてはいけなかったそうです。

比較的富裕な家に生まれた祖母の子ども時代の写真は何枚か見ましたが、貧しい農家に生まれた祖父の写真は一枚だけ見た記憶があります。

そんな具合で、写真のハードルは庶民には決して低くくはなく、撮影から出来上がりまでの時間が掛かっていたので、初めてポラロイド写真を撮ってもらった時には、これが話に聞いていたあれか、とワクワクしたのを思い出します。

あれは、何十年前だったのか。独身時代だったのは間違いありませんが、十代の終わりころだったのでしょうか?

両親の若い頃にカメラを持っている人は、暮らし向きに余裕のある、ちょっとした趣味人だったように、私が若い頃はカメラこそ一般的になっていましたが、ポラロイドを持っているのは、小金持ちの酔狂(失礼!)、又は仕事上で必要な場合のようでした。

ポラロイド写真は、パーティーとかイベントに登場し、その時間内に出来上がった写真を見られる事で、大いに場を盛り上げてくれました。長男が中学生くらいに誕生日に外食をすると、特典としてインスタント写真をくれたのが、私の記憶ではポラロイド、或いは類似の技術による写真との最後の出会いでした。

この本では、ポラロイド社の創業者のエドウィン・ランドを中心に、若くエネルギッシュな創業時、アーティストらの助けも得て、破竹の勢いで商品が普及して行った時期、成熟した企業が失速、消滅して行くまでを、企業という生き物の人生を描くように追っています。

エドウィン・ランドという人は、スティーブ・ジョブスやザッカーバーグなどの、新鮮なアイデアを実現したり、世間を驚かせたりするカリスマ性のある創業者たちの大先輩でした。

撮った写真をその場で見られるようにして、まさしく、先ほど私が書いたように、写真をコミュニケーションツールとして、新しいタイプの芸術にも寄与しました。本書には、初期の記念すべき実験的写真やコダックによる競合品とポラロイド機の写真、芸術家によるポラロイド写真も豊富に使われていて、本文の面白さに花を添えて、なおさら興味深く読めました。

理科系音痴の私には、技術的説明の部分は熟読不能で流し読みになりましたが、より完全な画像を求め、邁進するエドウィンとスタッフの熱気は伝わって来ました。

この夏に公開された映画「戦場のエンペラー」にも描かれていましたが、日本が敗戦した当時、日米の経済格差にはものすごい開きがあり、食うや食わずが続いていた1940年後半には、インスタント写真が発売されていたのです。

高度経済成長期は、日本はアメリカより三十年は遅れていると言われていたのを、何とか追い付こうと頑張っていた時期で、私がポラロイド写真の実物と出会って、ちょっと感動した時期は、ようやく追い付いたぞ、分野によってはこっちが上だぞ〜、と言えた頃だったかと思います。

ですが、その頃には、成熟したポラロイド社が破綻に向かうのが近づいていたとは、想像もつきませんでした。

デジタルカメラの出現のためかと思いましたが、大きくなりすぎた企業にありがちな設備投資に人件費が経営を圧迫、そこに小企業時代の理想主義に突っ走る経営陣の見誤りなどが重なって、破綻の縁に達したようです。最初は友好的だったコダックとの訴訟問題も起こりますし、日本のカメラの台頭も述べられていますが、次第に惨憺たることになり、いわば食い物にされて、最後は二束三文になります。

実はポラロイド社はいい線も狙える研究をしていたのですが、フレッシュでパワフルな創業時の勢いが失われ、最悪の結果を招いてしまいます。

私もポラロイド社の破綻のニュースを知った時には、親しみを感じた事が無かった日本の幾つかの金融機関の破綻よりも、ずっと驚きました。

しかし、アメリカでは、ポラロイドの消滅を阻止したい人たちも多く、デジタル時代のゆとりの無さに対する懐疑からも、ノスタルジックなアナログ回帰の動きがあり、かつて万単位の社員を有し、立派な研究者を抱えていたポラロイド社は、町工場的な小さな会社として、ちょうど命を終えた大木のひこばえのように再生しました。

日本でも、かつて栄華を誇ったメーカーが苦境に陥っている例は寡聞ではありませんが、大企業がいつまでも大企業で有り続ける難しさを感じさせてくれる本でした。


kaikoizumi2005 at 19:09|PermalinkComments(2)携帯からの投稿 

2013年09月13日

□運がよくなる月の習慣、太陽の習慣

 本が好き!の献本です。

 はじめに著者の略歴が書いてありまして、19歳から運命学の研究に打ち込み、その後は山篭りをし、千日回峰行などの修行を重ねてきて、風水環境科学、運の管理法、ラックマネージメントを提唱とあります。

 千日回峰行といえば、テレビのドキュメンタリーで見たことがありますが、ストイックで実に厳しい修行です。ですから、著書の内容は、もっと枯れて、悟りの方を向いているのかと思いましたら・・・ざっくばらんに言ってしまうと、かなり俗っぽいので面食らったというのが第一印象です。


続きを読む

kaikoizumi2005 at 18:55|PermalinkComments(0)人生訓・生き方のヒント等 

2013年08月31日

□美人の正体

 本が好き!の絹本です。カテゴリーに悩みますが、結構、生物学的なことも言ってるようなので、生き物・植物系にも入れておきます(笑)。

 子どもの頃からつよ〜く思ってました。「美人は得だ」「ブスは損」。もちろん、そういう風な事を早々と気付くからには、すこぶる残念ながら、幼いうちから自分は不細工だと自覚しておりました。不細工なのに、かわいい、かわいいで育てられた西加奈子さんの作品のきりこみたいに育てられたら、後ほど、愕然としたかも知れませんが、何しろ周囲の大人が幼稚園時代の同級生をかわいいかわいいと誉めそやし(ついでに言うと、彼女の家は金持ちだった)、祖母は祖母で、兄と私が入れ替われば良いと公然と申しました。

 なもので、この本に述べられた実験等を経ての根拠を見るまでもなく、美人の方がトクじゃん!と幼少期以降、中年になるまでは、強く確信しておりました。


続きを読む

kaikoizumi2005 at 23:59|PermalinkComments(0)人生訓・生き方のヒント等 | 生き物、植物系

2013年07月21日

□「体の痛み」の9割は自分で治せる

 本が好き!の献本です。

 子どもの頃から肩コリ人間。もちろん、その後も肩コリ人間で、中年になった今は、首が凝ったり、足がむくだんだり、筋がね入のコリコリ人間です。コリでだるいのみならず、最近は痛いと感じる事もしばしばで、接骨院通いの常連と化している時、この本の紹介を見ました。

 はいはいはい!と手をあげました。本当に自分で治せたら、こんなにありがたい事はありません。


 著者は代官山でいぎあ☆すてーしょんの院長をしているそうですが、創業者、すなわちお師匠様の松尾毅氏が開発したミオンパシー(ギリシャ語の筋肉と治療を組み合わせた造語で、筋肉療法の意)に基づいた整体で治すことが出来るそうです。

 最初は実技ではなく、理論が語られますが、筋がね入のコリコリ人間で、幾冊も本を読み、何箇所か施術場所に当たっている身としては、なるほど!と思わされる記述でした。

 すなわち、内臓などの病気の場合は別ですが、普通に言うコリや痛みは、姿勢が悪くて、骨が歪んでいるからとか、筋力が衰えたから、血行が悪いから・・・・というような理由ではなくて、筋肉がかたくなっているからで、必ずしもマッサージの類が有効とは限らないそうです。続きを読む

kaikoizumi2005 at 19:20|PermalinkComments(0)実用書 | 教育・健康・福祉等

2013年07月12日

□ちょっとそこまでひとり旅 だれかと旅

本が好き!の献本です。

実写化されたマンガ「すーちゃん」の作者による旅行記。

実はすーちゃんを知るより先に著者の、同じく旅エッセイの「47都道府県 女ひとりで行ってみよう」を読み、そのゆるさ具合がいいなぁと思っていました。頑張って、あれもこれも網羅しました、ではなくて、場所によっては、あれれ〜と言う程あっさり。ガイドブックとは目のつけどころが違い、ぶっちゃけ、観光にはほとんど役に立ちそうも無いのが良いのです(笑)。

次いで、「すーちゃん」を読んで、平凡な毎日の小さな出来事による喜怒哀楽の描き方が、うねりの大きな劇画調ではなく、手に汗握ったり、肩に力を入れずに読めるマンガな姿勢も気に入りました(劇画が嫌いなのではなく、こちらにキャパシティが無い時には疲れるの意味です)。

高度経済成長期もあくせくした競争が繰り広げられていましたが、競争の先には希望があると思えた。でも、最近世の中、平凡で突出したものが無い庶民があくせくしても、結局誰かに踊らされているだけ感が満ち満ちています。影響力があると言われている人たちの多くが口にするのが、どんなに砂糖衣をかけていても、本質は弱肉強食、と言う風潮の中、あくせくガツガツせざるを得ない庶民は、せめて紙の上だけでも、ゆるくて、普通、とか一般などなどと呼ばれる枷を取り外したい。

そんな心境には、少し著者の分身が入っているらしいすーちゃんや、他愛ない事に感動・感心し、教科書的な事柄はスルーしてしまう傾向の強い「あんまり役に立たない観光本」だけど「気負わず、偶然の出会いを楽しむ旅をする楽しさが伝わる本」である本書はしっくり来ます。続きを読む

kaikoizumi2005 at 22:30|PermalinkComments(0)携帯からの投稿 | 随筆

2013年07月01日

★銀色の絆



 フィギュアスケートが好きです。ですが、この物語の主人公の小織の母親、梨津子の登場したての姿のように、何がなんだか分からないで美しいから見ています。

 冒頭、小織・梨津子親子はたまプラーザに暮らしています。私がかつて住んでいた頃はごく庶民的な町でしたが、今は街となり、140平米を越える億ション住まいの梨津子は富裕層の人。新横浜スケートセンターへBMWで娘を送迎し、居合わせるほかのスケーターの似たような境遇の母親たちとささやかな張り合いをして過ごしています。

 それが夫の不倫により離婚。実家のある名古屋に転居。名古屋といえば、フィギュア王国と呼ばれていて、小織も世界レベルのコーチの下でレッスンを開始します。

 ここで語られるレッスン風景は、取材を重ねてのこと。技術的なことはもとより、特にコーチを取り巻く人間関係や謝礼のことなど、やはり富裕層か才能に恵まれていてスポンサーがつかないと、とてもやっていけない世界だと分かります。月のかかりが30万円を越えるなんて・・・・ふっへ〜、我が家の1ヶ月の生活費は30万ありゃ十分じゃん!と驚きます。

 コーチに対するお弁当つくりやコーヒー当番や、コーチの弟子たちに対する対応などなど、もちろん、現実そのままではなく作家が相当加工しているものとは思われますが、似たような状態はあるということなのでしょう。続きを読む

kaikoizumi2005 at 22:42|PermalinkComments(0)小説・物語 

2013年06月29日

★江戸の都市プランナー



 新聞書評を見て借りました。

 江戸末期、町民ながら、名主として近隣を束ねて苗字を名乗る事を許された熊井理左衛門の足跡をたどった歴史書。

 歴史書ではありますが、資料を丹念にあたり、ギリギリここまではOKだろうという推測による小説仕立ての描き方をされているために、よくある歴史的事実の羅列によって、内容的に正確なんだろうなぁと思いつつも、その味気なさに放り出したくなる類の本とはかなり趣が異なります。

 冒頭、理左衛門が小伝馬町の牢獄に入ったところから、話が始まりますが、実は小伝馬町の牢というのは、世襲でその職に当たる士族の屋敷内にあり、気の毒にもその侍は忌避されていたなどと言う、今まで知らなかった事実に加え、牢屋の構造などまで細かく描かれていて、一気に引き込まれます。

 理左衛門の回想から、彼の出自、どうやって江戸の町民のトップ格に上りつめたのか、それがどうして牢に入れられたかを、庶民ゆえに少ない資料を丹念にたどって描いています。続きを読む

kaikoizumi2005 at 23:30|PermalinkComments(0)自叙伝・人物評伝等 | 歴史・地域情報

★京都の路地裏図鑑



 らくたび文庫を出しているコトコトから出ている、文庫よりちょっと大きめの本。

 らくたび文庫でも「京の路地裏案内」というのがありまして(私、買いました(^^ゞ)、重なるところもありますが、観光地というのは得てして、お店の入れ替わりが激しいので、新しい情報程望ましいです。



 この本はサイズが大きめな分、路地裏歩きのノウハウやマナー、どうして京都に路地が多いかなど(路地に加えて、厨子と呼ばれる通路もあり)のうんちくも足され、紹介される路地、厨子も増えて、なかなか楽しいです。

 敢えて注文をつけますと、やっぱり、読みながらすぐに分かる地図が欲しいです。そこは普通の民家もあるエリアなんだから、行きたけりゃ自分で探しなさいというところなんでしょうし、祇園や先斗町などのトップ観光地の路地は別として、他の路地へ足を踏み入れることは勇気が必要と再三書かれてはいますが、行きたくなるような魅力的な店がいっぱい載っているので、回転寿司に行ったら、目の前に来た好きなネタの寿司を取れないまんまスルーされちゃったような感じがしますよ〜。

読書blogランキングへ




kaikoizumi2005 at 23:00|PermalinkComments(0)歴史・地域情報 | 実用書
記事検索
オンライン書店なら・・・
Amazonもあるでよ。
紀伊國屋書店オンライン店
ずっと愛用しています。
Archives
最新コメント
甲斐小泉が編集協力しました!
QRコード
QRコード
楽天市場