2020年07月23日

△酒場の京都学

  本が好き!の献本に久しぶりに申し込みしました。

 献本のお知らせを見た時に何かピピっと来るものがあったからですが、著者略歴を見てなるほどと思いました。長野県立諏訪清陵高校のご出身。多数の人材を輩出、一例としてユニークな建築で有名な藤森照信先生の出身校でもありますが、僭越ながら、親戚の出身校でもあります。

  諏訪湖に近く山岳風景が美しい場所に生まれた人をもひきつけてやまない京都。近隣域にご縁があるだけに著者の心情が分かるような気がします。

  さて、タイトルから、酒場でちびちび飲みながら京都を語るというというグルメ系かと勘違いしましたが、幕末くらいから、京都に現れた広義の酒場の変遷を追った内容で、個人的にはその方が良かったです。
 
 主に、四条河原町を中心に1キロ四方くらいの狭い地域に盛り場として成立した木屋町や、寺町京極の裏に並ぶ店の由来や様子などが述べられています。続きを読む

kaikoizumi2005 at 22:36|PermalinkComments(0) 歴史・地域情報 

2020年05月27日

久しぶりの図書館貸出再開

 新型コロナウィルス感染症予防のため、市立図書館をはじめとして、周辺の図書関係の施設が全部クローズしてしまって1か月以上。

  積読本も減ってしまい、電子書籍は買っては見たけれど、目が疲れたり、パソコンからアプリがうまく立ち上がらなかったりで、読書離れを起こしておりました。

  北海道と共に最後まで自粛解除されなかった一都三県の自粛もようやく終わりを迎え、今日から市立図書館が再開。

  とはいうものの、予約した本の貸し出しだけのようですが。

  画面で確認はしていたのですが、すでに受け取り可能なレベルで停滞してしまっていた本があり、早速今朝のメールで連絡があり、自身の予約分もある家人に取って来てもらいました。続きを読む

kaikoizumi2005 at 21:56|PermalinkComments(0) 読書つれづれ 

2020年01月18日

ある明治人の記録 改版 会津人柴五郎の遺書




 市民図書で見かけて、いったん手に取った後、やっぱりやめとこと手放した本をお正月明けに借りました。
 
 いったん手に取ったけど、というときは会津訪問前だったかも知れません。続きを読む

kaikoizumi2005 at 14:55|PermalinkComments(0) 自叙伝・人物評伝等 

★草取りにワザあり!




 hontoの電子書籍の大セールで見かけた本。

 ぽちっとしようかと迷ったけれど、内容的に紙で見たいなと思って、図書館に予約をしました。続きを読む

kaikoizumi2005 at 14:37|PermalinkComments(0) 生き物、植物系 

2019年09月16日

★昨日がなければ明日もない

    下山して、最初に市民図書で借りた本。

     友人が返却したばかりなのを早速借りました。
続きを読む

kaikoizumi2005 at 18:26|PermalinkComments(0) 小説・物語 

2019年、夏の八ヶ岳の図書館通い last

 八ヶ岳から帰るギリギリ間際まで借りた本を温存しておりました。

 コンピューターシステムの点検だとかで、窓口が閉まっていたので、帰宅前日にごっそりと返却ポストに投入しました。

 ありがとうございました。おかげさまで読書を楽しめました。

 最後に読み終えたのはこの2冊です。


続きを読む

kaikoizumi2005 at 11:40|PermalinkComments(0) 読書つれづれ 

2019年09月10日

2019年、夏の八ヶ岳の図書館通い その3

kaikoizumi2005 at 09:27|PermalinkComments(0) 読書つれづれ 

2019年09月09日

2019年、夏の八ヶ岳の図書館通い その2

 続きです。

 その後、金田一春彦記念図書館にも行きました。

 カード1枚でたくさん借りられて、返却期限も3週間でしたか。横浜市の図書館より太っ腹なのは助かります。

 (横浜市も最近、地区センターの図書コーナーでは1枚のカードで借りられる冊数増やしてくれたのが助かります💛)続きを読む

kaikoizumi2005 at 10:48|PermalinkComments(0) 読書つれづれ 
記事検索
オンライン書店なら・・・
Amazonもあるでよ。
紀伊國屋書店オンライン店
ずっと愛用しています。
Archives
最新コメント
甲斐小泉が編集協力しました!
QRコード
QRコード
楽天市場